ホーム > トピックス > 横浜市 本牧市民プール再整備事業(PFI事業)落札者に決定
ニュース / PPP事業

横浜市 本牧市民プール再整備事業(PFI事業)落札者に決定

2020年6月21日に公募された「本牧市民プール再整備事業」において、下記の8社でコンソーシアムを組成し総合評価一般競争入札に応募したところ、当グループが落札者として選ばれました。
当社はSPCの経営管理業務を担当し、事業期間を通して事業マネジメント業務を務めます。本事業目的である“広く市民に親しまれる本牧市民プールの再生”の一翼を担います。



■落札者
代表企業  馬淵建設株式会社(経営管理・建設)
構成員   フロンティアコンストラクション&パートナーズ株式会社(経営管理)
      株式会社ヤマト(建設)
      株式会社アメニティシステム(施設管理・運営・利便機能営業)
協力企業  パシフィックコンサルタンツ株式会社(設計・工事監理)
      株式会社田辺設計(設計・工事監理)
      扶桑電気株式会社(建設)
      株式会社ヒーロー(付帯事業)

■事業概要
事業名称 :本牧市民プール再整備事業
事業所在地:横浜市中区本牧元町46-1
事業方式 :事業者は本施設の整備を行った後、市に所有権を移転し運営・維持管理業務を実施するBTO方式
     (Build Transfer Operate)。
事業期間 :事業契約締結日より2033年3月31日まで

企画提案の概要
(1)設計
・常設施設として流水プールやウォータースライダー、仮設でアトラクションプールや幼児用プールなどを計画
(2)運営
・付帯する民間収益事業としてキャンプ場を整備し、バーベキュー施設や貸し休憩スペースなどを確保する計画

本牧市民プール再整備事業について 横浜市